借入審査が不安なときに取るべき行動とは?

【借入審査が不安 審査はどんなところを見ているの?】

これから、審査の申込をするけど不安でしょうがない、という人は多いはずです。審査はどんなところを見るのでしょうか?

[借入審査はあなたに社会的な信用があるかどうか見ている?]

借入れをするためには審査に通過しなければなりません。審査はあなたにどのくらいの収入があって、安定した収入があるか、ほかに借金やトラブルがなかったか、などについて総合的に判断されます。

[信用がないケースとは?]

社会的に信用がないケースを見ていきましょう。お金を借りる時の信用というのは、先に紹介しました、年収や勤続年数、他からの借り入れなど多岐にわたります。

信用がないとは安定した収入がない、無職、金融トラブルを起こしている。これらのような状況のことを言います。

【借入審査を有利にする方法】

信用が必要ということはわかりましたが、自分の信用度を見ることはできるのでしょうか?

[自分の信用情報を入手しよう]

信用というものは信用情報機関にすべて登録されています。いつ、どこで、いくら借りて、返済の状況がすべて登録されています。

この情報は本人ならば1000円で取り寄せることができますので、もしも、自分の信用情報がどうなっているのか心配ならば確認してみることをお勧めします。

[借り入れを減らす対策が必要な場合も]

審査に通らないという場合は、対策を立てる必要があります。基本的に審査に通らないのにはある程度の傾向があります。

  • 収入よりも借金が多い
  • 金融ブラックとして登録されている
  • 安定した収入がない

以上のようなことがあると、基本的に審査に通りにくくなります。借金が多い場合は債務を減らす努力をすることで審査に通りやすくなります。

【審査が不安な場合は審査が緩めな金融機関がおすすめ】

審査に通りにくい金融機関で審査をするよりも審査が緩やかなところで申込んでみるのも一つの方法です。

[一番借りやすいといわれている金融機関は?]

金融機関ならばどこでも審査に通りやすいわけではありません。基本的に銀行系は審査が厳しく、次いで大手の消費者金融系、通りやすいといわれているのが街金の消費者金融です。

なので、何かしら信用情報に傷がついている場合は、街金で申込んでみるのも一つの対策です。

[何社も申し込みをすると審査が厳しくなる?]

審査に通らないという理由で一か月の間に何社も審査を申込むと、信用情報機関に審査の申込実績が残ってしまいます。

この点も審査を通りにくくしている点です。審査に通っていないのに借り入れ実績がないと、審査に通っていないという推測を建てられてしまいます。なので、審査は1か月に1社にとどめておきましょう。