お金を借りる際に気をつけたい心構えについて

【お金を借りる心構え 借金をすることの意味】

初めての金融機関からお金を借りる時にどのような心構えをすればよいのでしょうか?

[お金を借りる心構え 信用はあなたにとってもっとも大切なステータス]

初めてお金を借りる時の心構えは、お金を借りるということは信用されているということです。

お金を貸す側はあなたに一定以上の信用があるという判断でお金を貸しているのです。返済の遅延や滞納がなく、いつもしっかりと払っている人は、それだけ信用があります。しかし、何度も支払いを遅らせることによって信用はどんどん落ちて行ってしまいます。

信用がなくなればだれもお金を貸してくれません。そのことをしっかりと理解しておくことが必要です。

[本当に必要なお金だけを借りる]

初めてお金を借りる時に、いくらまでならば貸すことができますよ、という風に言われますが、基本的に必要な金額以外は借りないようにしましょう。

必要な分だけ借りる、これがお金を借りる時の最も大切なことです。

【支払い方法で注意したいこと、借金は早めの完済が一番】

お金を借りる時に、注意したいのが支払いの方法です。

[支払方法のおすすめは定額 リボ払いはNGの理由とは?]

お金を借りる時に注意したいのが、毎月どの程度の金額を返済しなければならないのか?という点です。その金額を毎月支払っていくのがきつい、と感じたのならばお金を借りるべきではあません。

支払い方法は一定の金額を支払う方法やリボ払いがありますが、リボ払いはお勧めできません。定額で元本を返済していくようにしましょう。

その理由としてリボ払いは毎月の支払総額の中に利息が含まれているので、元本への充当分が少なく、最終的に支払総額が多くなり、それに合わせて支払い期間も長くなってしまうからです。

おすすめの返済方法は一定の金額を毎月支払う定額制です。

【お金を借りた後は早めの完済を目指す】

お金を借りた後は早めの完済を目指しましょう。

[借金は長引くほど不利になる?]

借金というのは返済期間が長くなればなるほど不利になります。支払い総額が多くなったり、返済中に何があるかわからないからです。早めに返済をすることでこれらの負担を減らすことができます。

[追加融資は極力減らすこと]

お金を借りた後に借金がまだ残っているのに追加の融資を受けてしまう人がいますが、おすすめはできません。

借金は早めの完済を目指すのが基本です。追加融資は返済期間を長引かせるだけでなく、毎月の支払いにも負担を増大させてしまいます。

借金は早め早めの返済を心掛けるようにしましょう。