借入審査が不安なときに取るべき行動とは?

【借入審査が不安 審査はどんなところを見ているの?】

これから、審査の申込をするけど不安でしょうがない、という人は多いはずです。審査はどんなところを見るのでしょうか?

[借入審査はあなたに社会的な信用があるかどうか見ている?]

借入れをするためには審査に通過しなければなりません。審査はあなたにどのくらいの収入があって、安定した収入があるか、ほかに借金やトラブルがなかったか、などについて総合的に判断されます。

[信用がないケースとは?]

社会的に信用がないケースを見ていきましょう。お金を借りる時の信用というのは、先に紹介しました、年収や勤続年数、他からの借り入れなど多岐にわたります。

信用がないとは安定した収入がない、無職、金融トラブルを起こしている。これらのような状況のことを言います。

【借入審査を有利にする方法】

信用が必要ということはわかりましたが、自分の信用度を見ることはできるのでしょうか?

[自分の信用情報を入手しよう]

信用というものは信用情報機関にすべて登録されています。いつ、どこで、いくら借りて、返済の状況がすべて登録されています。

この情報は本人ならば1000円で取り寄せることができますので、もしも、自分の信用情報がどうなっているのか心配ならば確認してみることをお勧めします。

[借り入れを減らす対策が必要な場合も]

審査に通らないという場合は、対策を立てる必要があります。基本的に審査に通らないのにはある程度の傾向があります。

  • 収入よりも借金が多い
  • 金融ブラックとして登録されている
  • 安定した収入がない

以上のようなことがあると、基本的に審査に通りにくくなります。借金が多い場合は債務を減らす努力をすることで審査に通りやすくなります。

【審査が不安な場合は審査が緩めな金融機関がおすすめ】

審査に通りにくい金融機関で審査をするよりも審査が緩やかなところで申込んでみるのも一つの方法です。

[一番借りやすいといわれている金融機関は?]

金融機関ならばどこでも審査に通りやすいわけではありません。基本的に銀行系は審査が厳しく、次いで大手の消費者金融系、通りやすいといわれているのが街金の消費者金融です。

なので、何かしら信用情報に傷がついている場合は、街金で申込んでみるのも一つの対策です。

[何社も申し込みをすると審査が厳しくなる?]

審査に通らないという理由で一か月の間に何社も審査を申込むと、信用情報機関に審査の申込実績が残ってしまいます。

この点も審査を通りにくくしている点です。審査に通っていないのに借り入れ実績がないと、審査に通っていないという推測を建てられてしまいます。なので、審査は1か月に1社にとどめておきましょう。

 

お金を借りる理由について?なぜカードローンの使い途は

[金融機関からお金借りる理由は交遊費やショッピングがおすすめ]

金融機関でお金を借りる理由は、どのようにすればよいのでしょうか?

【金融機関からお金を借りる場合の理由】

金融機関からお金を借りる場合に必ず聞かれるのが使用目的です。多くの金融機関ではお金を貸すときに申し込みをしてきた人に対して、どのような目的でお金を使うのかを聞いてきます。

審査に申し込むときには、ブランドの購入や旅行資金、交遊費などの言い訳がおすすめです。

[金融機関からお金を借りる時の用途は基本的に自由]

金融機関からお金をかりる場合は、その目的はビジネス以外での使用ならばあまり、神経質になることはありません。上記に上げたような言い訳で十分です。

ただ、ギャンブルや株といったものになると、融資する側としても、お金に関する考え方を疑われてしまいますので、無難な言い訳としてはお買い物系や資格系です。

一番好印象なのが運転免許や資格、英会話などの自分への投資を目的としたものは印象が良くなります。

[普通のカードローンは事業性の融資が基本的にできない]

銀行系や消費者金融系のカードローンの場合には基本的にビジネス目的での融資はできません。もしも、ビジネスで借りる場合は専用の融資を受ける必要があります。

カードローンの審査を受けるときには審査を通す必要がありますが、現在の法律では事業性の融資としてカードローンの利用は禁止されています。

なので、審査のときには必ずお買い物系か資格取得系にするのがおすすめです。

【こんな利用目的もOK 理由はそれぞれ自由に】

[ 審査のときの利用目的は原則自由]

審査のときの利用目的としては事業性の融資以外ならば原則OKです。そこでこんな理由はいかがでしょうか?

  • 海外旅行
  • デート代金
  • 母親へのプレゼント
  • 冠婚葬祭で急に必要になった
  • 車のパーツ購入

など、購入系の理由などと合わせるとたくさん出てきます。

[こんな理由はNG 事業目的以外の理由とは? ]

事業性の理由以外として、パチンコや競馬、宝くじ、競艇、などのギャンブルは貸す側としても心象が良くありません。貸す側としても納得のいく理由ならばよいのですが、ギャンブル目的で融資となると不安しか残りません。

以上のようにお金をかりるときの理由は様々ですが、普通に考えておかしくないものならばそれほど神経質になる必要はありません。

もしも、心配な場合は購入系や資格系、語学系の費用として申し込むのが無難です。

ゆうちょ銀行からお金を借りる具体的な方法について

【ゆうちょ銀行からお金を借りるには担保が必要?】

ゆうちょ銀行からお金を借りる時には担保が必要になります。どのような担保が必要なのでしょうか?

[ゆうちょの担保は全部で3種類]

ゆうちょ銀行からお金を借りる場合に必要になるのが担保ですが、主に担保となるのは3種類です。

  • 財形定額貯金
  • 財形年金定額貯金
  • 財形住宅定格貯金

これらのものを担保とすることでゆうちょ銀行からの融資が可能となります。

[ゆうちょ銀行から借りることができる限度額は?]

ゆうちょ銀行からお金を借りる場合は担保が必要となりますが、担保の残高に利息をプラスした金額の9割です。どんなに財形定額貯金があっても最高で300万円までとなっています。

借り入れの期間は最も長い期間で2年間となっていますので、定額貯金が借入期間中に満期となってしまう場合は定額貯金の満期日までとなるので注意が必要です。

【ゆうちょ銀行からお金を借りる方法は主に2つ】

ゆうちょ銀行からお金を借りるには主に2種類の方法があります。どのような方法なのでしょうか?

[財形定額貯金などの担保としてお金を借りる]

先に紹介しました、財形定額貯金などを担保としてお金を借る方法です。一般的な貸し付けと比較してのメリットはやはり、担保があることで貸す側として安心して低い金利でお金を借りることができます。

[ゆうちょ銀行が発行しているJPバンクカードでお金を借りる]

もう一つの方法としてゆうちょ銀行が発行しているクレジットカードを利用した方法です。ゆうちょ銀行が発行しているカードはJPバンクカードです。

JPバンクカードは他の金融機関と同じように限度額が50万円までとなっています。限度額が低い反面として担保を必要としないでお金を借りることができます。

財形貯蓄などを持っている場合は担保に融資を受けたほうがメリットは大きいです。

【ゆうちょ銀行からお金をかけるメリット・デメリット】

[ゆうちょ銀行からお金を借りるメリット]

ゆうちょ銀行からお金を借りる場合のメリットはやはり貯蓄額を担保にすることで低金利の融資を受けることができることです。

[ゆうちょ銀行からお金を借りるデメリット]

ゆうちょ銀行からお金を借りる時のデメリットは審査が厳しい点にあります。基本的に貯蓄を担保に90%が上限であることや限度額が300万円までとなっていることなどがあります。

支払いの実績によっても限度額の見直しが図られているので、しっかりとした財務状況が求められます。

大手貸金業者と中小街金との違いは?

【街金とは、どのような金融機関?】

よく、街金と言われている業者がいますがどのような業者なのでしょうか?

[街金とは中小規模の消費者金融]

街金というと、どこかいかがわしいような感じがしますが、それは間違いです。街金とは地域に根差している消費者金融業者のことを言います。

大手の消費者金融は全国の市町村に支店やATMがありますが、街金は1つまたは2つの市町村に店舗を持っており、小規模な経営を営んでいます。

[街金には独自のサービスや審査がある?]

消費者金融というとプロミスやアコムのような主に全国で経営している業者ですが、街金は、というとその地域での営業が中心です。そのため、大手の消費者金融と比較すると独自のサービスやシステムを持っていることが多いです。

サービスでは融資条件が緩やかなことや審査が独自の基準を持っていることが多いです。

【街金と大手の違い システムやサービスはどんな感じなの?】

具体的にどのようなシステムやサービスを持っているのでしょうか?

[貸付金利に差がある]

大手の商品者金融と比較した場合に一番比較検討しやすいのが金利です。大手の消費者金融の場合、10万円の融資では金利が14%程度なのに対して街金では18%~20%と比較的に高いことがあります。

[審査基準が緩やかな場合がある]

街金の場合、大手の商品者金融と比較して審査基準が緩やかな場合があります。審査が緩いという面もあって大手の消費者金融の審査が通らなかった人でもある程度は審査に通りやすいというメリットがあります。

もちろん、街金といっても信用情報機関と提携している場合がありますので金融事故があった場合は審査に通らない可能性が高くなります。

【街金からお金を借りるメリット・デメリット】

金利が少々高くても融資に通りやすい街金ですが、そのほかのメリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

[街金からお金を借りるメリット]

  • 審査基準が大手の消費者金融と比較して緩やか
  • 在籍確認をしないケースもある
  • 申込んできた人それぞれに合わせた柔軟な対応をしていることがある
  • 金融ブラックになっている人でも貸出ができた例も存在する

[街金からお金を借りるデメリット]

  • 金利が比較的に高い
  • 融資限度額が低めに設定されている
  • 大手と比較した場合に督促が厳しい場合がある
  • 審査に時間がかかる場合がある
  • 大手と比較すると申込方法が来店の場合が多い

以上のように街金と大手の消費者金融を比較した場合に目立つのが金利や審査の基準が緩やかな点です。大手でも街金でもしっかりとした返済計画を持っていたほうが良いことは言うまでもありませんね。

お金を借りる際に気をつけたい心構えについて

【お金を借りる心構え 借金をすることの意味】

初めての金融機関からお金を借りる時にどのような心構えをすればよいのでしょうか?

[お金を借りる心構え 信用はあなたにとってもっとも大切なステータス]

初めてお金を借りる時の心構えは、お金を借りるということは信用されているということです。

お金を貸す側はあなたに一定以上の信用があるという判断でお金を貸しているのです。返済の遅延や滞納がなく、いつもしっかりと払っている人は、それだけ信用があります。しかし、何度も支払いを遅らせることによって信用はどんどん落ちて行ってしまいます。

信用がなくなればだれもお金を貸してくれません。そのことをしっかりと理解しておくことが必要です。

[本当に必要なお金だけを借りる]

初めてお金を借りる時に、いくらまでならば貸すことができますよ、という風に言われますが、基本的に必要な金額以外は借りないようにしましょう。

必要な分だけ借りる、これがお金を借りる時の最も大切なことです。

【支払い方法で注意したいこと、借金は早めの完済が一番】

お金を借りる時に、注意したいのが支払いの方法です。

[支払方法のおすすめは定額 リボ払いはNGの理由とは?]

お金を借りる時に注意したいのが、毎月どの程度の金額を返済しなければならないのか?という点です。その金額を毎月支払っていくのがきつい、と感じたのならばお金を借りるべきではあません。

支払い方法は一定の金額を支払う方法やリボ払いがありますが、リボ払いはお勧めできません。定額で元本を返済していくようにしましょう。

その理由としてリボ払いは毎月の支払総額の中に利息が含まれているので、元本への充当分が少なく、最終的に支払総額が多くなり、それに合わせて支払い期間も長くなってしまうからです。

おすすめの返済方法は一定の金額を毎月支払う定額制です。

【お金を借りた後は早めの完済を目指す】

お金を借りた後は早めの完済を目指しましょう。

[借金は長引くほど不利になる?]

借金というのは返済期間が長くなればなるほど不利になります。支払い総額が多くなったり、返済中に何があるかわからないからです。早めに返済をすることでこれらの負担を減らすことができます。

[追加融資は極力減らすこと]

お金を借りた後に借金がまだ残っているのに追加の融資を受けてしまう人がいますが、おすすめはできません。

借金は早めの完済を目指すのが基本です。追加融資は返済期間を長引かせるだけでなく、毎月の支払いにも負担を増大させてしまいます。

借金は早め早めの返済を心掛けるようにしましょう。

お金借りる時に使いたいベストな言い訳とは?

お金を借りる時に頼りになるのが、親や兄弟です。しかし、肝心の言い訳は、何が良いのでしょうか?

 

[緊急性を煽る言い訳 急いでいる理由を考えよう]

親や兄弟からお金借りる時に、どのような言い訳が良いのでしょうか?

借りる時の言い訳としておすすめなのが、緊急性です。

急いでいる理由は学校の教材費や通信教育、お仕事をしている場合は交通違反の反則金や水道光熱費が払えない場合などいろいろあります。

これら、しっかりとした理由があり、お金を貸すことに反対する理由がなければ借りられる可能性が高くなります。

[頼むときにはしっかりと必要性をアピールすること]

いくら親や兄弟と言っても、自分の大切なお金を貸すわけですから、何か根拠となる部分がなければ、なかなか貸してくれるものではありません。

緊急性も大切ですが、必要性をアピールすることで借りられる確率は上がります。しかし、いつ必要なのか、どのくらい必要なのかという部分もアピールしないと貸してもらえる確率は低くなってしまいます。曖昧では貸す側にとっては、どうでもいいことなのかな?というような印象を持たれかねませんので注意が必要です。

【一番借りやすい言い訳 おすすめの方法とは?】

お金を借りる言い訳としていろいろありますが、ここでは借りやすい言い訳と方法について考えてみましょう。

[やっぱり定番 ほしい物系の言い訳とは?]

言い訳としてベストなのが「ほしい物系」です。ブランド物のバッグがほしい、資格のための学校の費用がほしい、パソコンがほしいなどいろいろあります。

言い訳をするときにはコツがあります。

「今これぐらいのお金があるんだけど、あと○万円足りなくて、貸してほしい、来月から○万円づつ返済するから、お願いします。」というような、具体的な返済方法を伝えるだけで貸してくれる確率が高くなります。

【こんな言い訳はだめ! 使わないほうがよい言葉】

反対に言わなくても良い言い訳というものがあります。どのようなものなのでしょうか?

[公序良俗やモラルに反するものはタブー]

お金を貸す側にとって、貸すための大義名分が必要です。

何かの購入費用や学校のお金などは貸す側として申し分がないものです。しかし、宝くじを購入したいから、株をやってみたいから、風俗に行きたいから、などといった理由ではいくら信用があっても貸す側としては、首を縦にふることはできません。基本的にはお金を貸す側の立場に立って考えることが大切です。

 

お金を貸してくれる人を探す方法について

【お金を借りる人を探す前に身近な人に相談してみましょう】

ローンカードや消費者金融にお金を借りる前にもっと身近なところからお金貸してくれる人がいないか探してみてはいかがでしょうか?

[親戚、親や兄弟に相談する]

急な入用でお金が必要になったときに、まず、最初に相談したいのが両親や兄弟です。一番のメリットは、やっぱりお金の相談をしやすいことです。

親や兄弟に借りるのが難しい場合は仲の良い親戚に頼ってみるのも一つの方法です。親や兄弟ではなかなか相談できないようなことでもある程度打ち明けられます。

[親しい友人に相談する]

親や兄弟、親戚がだめな場合は、友人に相談してみてはいかがでしょうか?しっかりとした理由があるのならばお金を貸してくれる可能性もあります。

【やってはいけないSNSなどにあるお金貸しますスレッド】

親や兄弟、友人に申込んだけど貸してくれない場合には消費者金融やカードローンに申込むのも一つの方法です。

しかし、闇金融には間違ってもかかわってはいけません。その理由とは?

[闇金融はSNSでお客を集めている?]

いつもニュースを騒がしている闇金融とはどのようなものなのでしょうか?

[個人融資掲示板での取引の実態]

闇金融というと怪しい事務所でお金を貸しているイメージがありますが、今はそんな闇金はいません。今の闇金融はSNSや個人融資掲示板などでお客を集めます。

都合の良い融資条件をちらつかせることで、新規顧客を集めて違法な金利で融資を行うのが最近の闇金の手口です。

闇金から借りることは簡単ですが、一度でも闇金融とかかわりを持つとなかなか抜け出せないばかりかその後の人生を狂わせる現況にもなりかねません。

 

【自分がブラックだと思い込んでいるだけかも?】

消費者金融やカードローンの審査が心配な場合はどうすればよいのでしょうか?

[一度は確認してみることが必要 信用情報機関への問い合わせ]

審査が怖い、と思っている人は一度、信用情報機関にあなたの金融記録を紹介してみてはいかがでしょうか?

信用情報機関にはあなたが今まで貸し借りした記録が保存されています。そこに何も事故等の記録がなければ審査を通過する可能性は高くなります。

[消費者金融系のカードローンならば借りられる可能性が高い?]

金融機関からお金を借りる時は、審査に通りやすい金融機関に申込むのが一番です。審査に通りやすい金融機関は消費者金融、次に大手のカードローン、審査が厳しいのが銀行系のカードローンです。

闇金でも借りたいと思った時にとるべき行動

【闇金から借りても大丈夫? その甘い考えが人生の転落の始まり?】

闇金からお金を借りても大丈夫なのでしょうか?その実態とはどのようなものなのでしょうか?

[闇金からお金を借りるという行為 理解していますか?]

闇金というとどんなイメージがありますか?

消費者金融からお金を借りる事ができない人が、最後に駆け込むのが闇金と言われています。

闇金と言っても噂ほどではないのではないの?

と言うような軽い気持ちで借りると、大変な目にあってしまうのです。

[なぜ闇金と言われているかわかりますか?]

ところで、なぜ闇金と言われているのかわかりますか?

闇金とは法律の外側でお金の貸し借りを生業としている、アンダーグラウンドな金融機関なのです。

その実体は超高金利、厳しい取り立て、返済不可能なシステムがあります。

【闇金の金利はどの程度? 消費者金融と比較してみました】

闇金融は金利が高いと言われていますが、どの程度なのでしょうか?

[闇金融の金利は最低でも10日で5割]

闇金融といっても金利は様々です。

いちばんよく聞くのがトイチと言われる金利です。トイチとは10日で1割のことを言います。10日で1割と聞くとなんだ、そんなものか?と思ってしまいますが、年率にすると365%という、とんでもない年利になります。

最近では10日で5割や1週間で5割といったものもありますので注意が必要です。

[延滞金利は年額〇〇%? 払えるわけがない闇金の驚くべきシステムとは?]

高い金利、お金を借りている人の多くはお金を返すことができません。どのようなペナルティーがあるのでしょうか?

闇金への返済が滞ると延滞金として、10日で5割や10日で10割といった無茶苦茶な金利を課せてきます。もちろんこんな金額払えるわけがありません。このようなことから、多くの債務者が闇金の罠にハマってしまうのです。

【闇金にお金を返せないとどうなるのか?】

闇金へお金を返せないとどうなるのでしょうか?

[SNSや電話を使った取り立てから始まる]

まず、闇金が最初に行うのが本人に電話をすることです。一日中時間に関係なく電話してきます。それでも出ない場合は友人や会社に連絡を取るようになります。

このように周りの知人・友人を巻き込んで少しずつ、債務者を追い込んでいくのが闇金融の手口なのです。このようなことから安易に闇金からお金を借りるべきではありません。

ブラックでも借りれる」金融機関は存在するのか?

【ブラックでも借りれるかも? 街金で申込む方法】

[金融ブラックでも大丈夫? 街金がおすすめ]

金融ブラックになると、まず、大手の金融機関からお金を借りることができません。

そこで、金融ブラックでも借りれる方法についてまとめてみました。

ブラックでも借りれる場所は街金です。

[街金ってなに?借りても大丈夫なの?]

街金と聞くと、借りても大丈夫なのか心配ですよね。金融機関というのは大手だけでなく、小規模な会社から中規模な会社までたくさんあります。銀行でも大手の銀行ばかりでなく地方銀行や信金系など中小様々ありますがお金を貸す会社も大小いろいろあります。

ネットの口コミでは、金融ブラックでも借りれることができた、というようなものも見られますので申し込んでみる価値はあります。

【間違っても闇金やソフト闇金からは借りないこと】

[闇金やソフト闇金ならばブラックでも借りれる?]

闇金ならば簡単に貸してくれるのでは?と簡単に考えてしまう人がいますが、闇金から借りるとどのようなことになるか知らない人が考えそうなことです。

超高金利、返済不可能、厳しい取り立て、闇金からお金を借りるということは自分を地獄に落とす行為と同じです。

[それじゃあ、ソフト闇金ならば大丈夫なのでは?]

闇金がだめならばソフト闇金ならば大丈夫では?と考えがちですが、ソフトとついているだけで闇金に違いはありません。

簡単に借りることができますが、一度でも借りてしまうと簡単に抜け出せないのが闇金の怖さです。

【ブラックとして登録されている場合の考え方】

大手の審査に通過しないと、もしかして自分は金融ブラックなのでは?と思ってしまうことがあります。果たして本当に金融ブラックなのでしょうか?

[信用情報に傷がついているという状況を理解する]

大手の金融機関の審査に通過しない場合は、一度ご自分の信用情報がどの様になっているのかを確認しておくことが必要です。

大手の金融機関は審査が厳しく、他社からの借り入れが一定の基準よりも多いと、融資ができない場合があります。

そのような場合は、一度ご自分の信用情報を確認することで、対策を立てることができるようになります。

[急な出費を考えるのならば貯蓄や債務整理も考慮に入れる]

急な出費はいつ来るかわからないものです。そのために日頃から少しづつ、貯蓄をしておくことや財務的が厳しい場合債務整理などで一度、立て直すことも対策のひとつです。

 

即日融資 おすすめの借り入れ先は?

【即日融資を考えているのならば消費者金融系のカードローンがおすすめ】

 

 [消費者金融系のカードローンの特徴 借りるために必要な要件とは?]

急な出費、お金が必要になるかわからないご時世です。そこで急にお金が必要になったときに、どのような方法ならばお金を借りることができるのか、まとめてみましたので参考にしてみてください。

 

[カードローンの申込をする方法と注意点]

急な出費の時に頼りになるのがカードローンですが、新規に申し込んだときに、即日で融資してくれるのか不安です。実際はどの程度で融資してくれるのでしょうか?

 

【銀行系のカードローンでも即日融資は可能?】

[銀行系カードローンの特徴]

今までお金を借りる時には、二つの方法がありました。ひとつは銀行のカードローンを利用することで即日融資を受ける方法です。

もうひとつが消費者金融系のカードローンで即日融資を受ける方法です。

現在、銀行系のカードローンでの即日融資は実質的に、できないのが実情です。Webサイトなどで即日融資可能、というように記載されていても実際に融資が行われるのは最短でも翌日となっています。

 

[即日でお金を借りたい場合は消費者金融系のカードローンがおすすめ]

即日融資おすすめなのが銀行系のカードローンではなく消費者金融系のカードローンです。

 

[即日融資 おすすめの金融機関 一覧]

現在、大手の消費者金融といえば以下のような会社があります。

  • プロミス
  • アイフル
  • アコム
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

以上が大手の金融機関です。各社とも即日融資を大々的に売りにしていますので、審査の回答時間が早く、実際にお金を受け取ることができる時間は数時間ということがほとんどです。

【カードローンを借りる時の注意点】

[即日融資を受ける時に注意すること]

カードローンでお金を借りる時に注意したいのが、あらかじめ必要な証明書を準備しておくことです。

審査のためにはご自分の身分証明書が必要になります。たいていの人は運転免許証を持っていますので、基本的に運転免許証だけで大丈夫です。

[自分が借りることができる限度額を把握する]

カードローンを利用するときに必ず全体の借入額を把握しておくことです。総量規制という規制があり、借り入れをする場合は収入の30%が上限となっています。

なので、他社からの借り入れか多い場合は希望する金額を借り入れることができないことがあります。

お金を借りる場合はしっかりとご自分の財務状況を把握しておくことも大切です。