お金を借りる理由について?なぜカードローンの使い途は

[金融機関からお金借りる理由は交遊費やショッピングがおすすめ]

金融機関でお金を借りる理由は、どのようにすればよいのでしょうか?

【金融機関からお金を借りる場合の理由】

金融機関からお金を借りる場合に必ず聞かれるのが使用目的です。多くの金融機関ではお金を貸すときに申し込みをしてきた人に対して、どのような目的でお金を使うのかを聞いてきます。

審査に申し込むときには、ブランドの購入や旅行資金、交遊費などの言い訳がおすすめです。

[金融機関からお金を借りる時の用途は基本的に自由]

金融機関からお金をかりる場合は、その目的はビジネス以外での使用ならばあまり、神経質になることはありません。上記に上げたような言い訳で十分です。

ただ、ギャンブルや株といったものになると、融資する側としても、お金に関する考え方を疑われてしまいますので、無難な言い訳としてはお買い物系や資格系です。

一番好印象なのが運転免許や資格、英会話などの自分への投資を目的としたものは印象が良くなります。

[普通のカードローンは事業性の融資が基本的にできない]

銀行系や消費者金融系のカードローンの場合には基本的にビジネス目的での融資はできません。もしも、ビジネスで借りる場合は専用の融資を受ける必要があります。

カードローンの審査を受けるときには審査を通す必要がありますが、現在の法律では事業性の融資としてカードローンの利用は禁止されています。

なので、審査のときには必ずお買い物系か資格取得系にするのがおすすめです。

【こんな利用目的もOK 理由はそれぞれ自由に】

[ 審査のときの利用目的は原則自由]

審査のときの利用目的としては事業性の融資以外ならば原則OKです。そこでこんな理由はいかがでしょうか?

  • 海外旅行
  • デート代金
  • 母親へのプレゼント
  • 冠婚葬祭で急に必要になった
  • 車のパーツ購入

など、購入系の理由などと合わせるとたくさん出てきます。

[こんな理由はNG 事業目的以外の理由とは? ]

事業性の理由以外として、パチンコや競馬、宝くじ、競艇、などのギャンブルは貸す側としても心象が良くありません。貸す側としても納得のいく理由ならばよいのですが、ギャンブル目的で融資となると不安しか残りません。

以上のようにお金をかりるときの理由は様々ですが、普通に考えておかしくないものならばそれほど神経質になる必要はありません。

もしも、心配な場合は購入系や資格系、語学系の費用として申し込むのが無難です。