ゆうちょ銀行からお金を借りる具体的な方法について

【ゆうちょ銀行からお金を借りるには担保が必要?】

ゆうちょ銀行からお金を借りる時には担保が必要になります。どのような担保が必要なのでしょうか?

[ゆうちょの担保は全部で3種類]

ゆうちょ銀行からお金を借りる場合に必要になるのが担保ですが、主に担保となるのは3種類です。

  • 財形定額貯金
  • 財形年金定額貯金
  • 財形住宅定格貯金

これらのものを担保とすることでゆうちょ銀行からの融資が可能となります。

[ゆうちょ銀行から借りることができる限度額は?]

ゆうちょ銀行からお金を借りる場合は担保が必要となりますが、担保の残高に利息をプラスした金額の9割です。どんなに財形定額貯金があっても最高で300万円までとなっています。

借り入れの期間は最も長い期間で2年間となっていますので、定額貯金が借入期間中に満期となってしまう場合は定額貯金の満期日までとなるので注意が必要です。

【ゆうちょ銀行からお金を借りる方法は主に2つ】

ゆうちょ銀行からお金を借りるには主に2種類の方法があります。どのような方法なのでしょうか?

[財形定額貯金などの担保としてお金を借りる]

先に紹介しました、財形定額貯金などを担保としてお金を借る方法です。一般的な貸し付けと比較してのメリットはやはり、担保があることで貸す側として安心して低い金利でお金を借りることができます。

[ゆうちょ銀行が発行しているJPバンクカードでお金を借りる]

もう一つの方法としてゆうちょ銀行が発行しているクレジットカードを利用した方法です。ゆうちょ銀行が発行しているカードはJPバンクカードです。

JPバンクカードは他の金融機関と同じように限度額が50万円までとなっています。限度額が低い反面として担保を必要としないでお金を借りることができます。

財形貯蓄などを持っている場合は担保に融資を受けたほうがメリットは大きいです。

【ゆうちょ銀行からお金をかけるメリット・デメリット】

[ゆうちょ銀行からお金を借りるメリット]

ゆうちょ銀行からお金を借りる場合のメリットはやはり貯蓄額を担保にすることで低金利の融資を受けることができることです。

[ゆうちょ銀行からお金を借りるデメリット]

ゆうちょ銀行からお金を借りる時のデメリットは審査が厳しい点にあります。基本的に貯蓄を担保に90%が上限であることや限度額が300万円までとなっていることなどがあります。

支払いの実績によっても限度額の見直しが図られているので、しっかりとした財務状況が求められます。