大手貸金業者と中小街金との違いは?

【街金とは、どのような金融機関?】

よく、街金と言われている業者がいますがどのような業者なのでしょうか?

[街金とは中小規模の消費者金融]

街金というと、どこかいかがわしいような感じがしますが、それは間違いです。街金とは地域に根差している消費者金融業者のことを言います。

大手の消費者金融は全国の市町村に支店やATMがありますが、街金は1つまたは2つの市町村に店舗を持っており、小規模な経営を営んでいます。

[街金には独自のサービスや審査がある?]

消費者金融というとプロミスやアコムのような主に全国で経営している業者ですが、街金は、というとその地域での営業が中心です。そのため、大手の消費者金融と比較すると独自のサービスやシステムを持っていることが多いです。

サービスでは融資条件が緩やかなことや審査が独自の基準を持っていることが多いです。

【街金と大手の違い システムやサービスはどんな感じなの?】

具体的にどのようなシステムやサービスを持っているのでしょうか?

[貸付金利に差がある]

大手の商品者金融と比較した場合に一番比較検討しやすいのが金利です。大手の消費者金融の場合、10万円の融資では金利が14%程度なのに対して街金では18%~20%と比較的に高いことがあります。

[審査基準が緩やかな場合がある]

街金の場合、大手の商品者金融と比較して審査基準が緩やかな場合があります。審査が緩いという面もあって大手の消費者金融の審査が通らなかった人でもある程度は審査に通りやすいというメリットがあります。

もちろん、街金といっても信用情報機関と提携している場合がありますので金融事故があった場合は審査に通らない可能性が高くなります。

【街金からお金を借りるメリット・デメリット】

金利が少々高くても融資に通りやすい街金ですが、そのほかのメリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

[街金からお金を借りるメリット]

  • 審査基準が大手の消費者金融と比較して緩やか
  • 在籍確認をしないケースもある
  • 申込んできた人それぞれに合わせた柔軟な対応をしていることがある
  • 金融ブラックになっている人でも貸出ができた例も存在する

[街金からお金を借りるデメリット]

  • 金利が比較的に高い
  • 融資限度額が低めに設定されている
  • 大手と比較した場合に督促が厳しい場合がある
  • 審査に時間がかかる場合がある
  • 大手と比較すると申込方法が来店の場合が多い

以上のように街金と大手の消費者金融を比較した場合に目立つのが金利や審査の基準が緩やかな点です。大手でも街金でもしっかりとした返済計画を持っていたほうが良いことは言うまでもありませんね。