お金借りる時に使いたいベストな言い訳とは?

お金を借りる時に頼りになるのが、親や兄弟です。しかし、肝心の言い訳は、何が良いのでしょうか?

 

[緊急性を煽る言い訳 急いでいる理由を考えよう]

親や兄弟からお金借りる時に、どのような言い訳が良いのでしょうか?

借りる時の言い訳としておすすめなのが、緊急性です。

急いでいる理由は学校の教材費や通信教育、お仕事をしている場合は交通違反の反則金や水道光熱費が払えない場合などいろいろあります。

これら、しっかりとした理由があり、お金を貸すことに反対する理由がなければ借りられる可能性が高くなります。

[頼むときにはしっかりと必要性をアピールすること]

いくら親や兄弟と言っても、自分の大切なお金を貸すわけですから、何か根拠となる部分がなければ、なかなか貸してくれるものではありません。

緊急性も大切ですが、必要性をアピールすることで借りられる確率は上がります。しかし、いつ必要なのか、どのくらい必要なのかという部分もアピールしないと貸してもらえる確率は低くなってしまいます。曖昧では貸す側にとっては、どうでもいいことなのかな?というような印象を持たれかねませんので注意が必要です。

【一番借りやすい言い訳 おすすめの方法とは?】

お金を借りる言い訳としていろいろありますが、ここでは借りやすい言い訳と方法について考えてみましょう。

[やっぱり定番 ほしい物系の言い訳とは?]

言い訳としてベストなのが「ほしい物系」です。ブランド物のバッグがほしい、資格のための学校の費用がほしい、パソコンがほしいなどいろいろあります。

言い訳をするときにはコツがあります。

「今これぐらいのお金があるんだけど、あと○万円足りなくて、貸してほしい、来月から○万円づつ返済するから、お願いします。」というような、具体的な返済方法を伝えるだけで貸してくれる確率が高くなります。

【こんな言い訳はだめ! 使わないほうがよい言葉】

反対に言わなくても良い言い訳というものがあります。どのようなものなのでしょうか?

[公序良俗やモラルに反するものはタブー]

お金を貸す側にとって、貸すための大義名分が必要です。

何かの購入費用や学校のお金などは貸す側として申し分がないものです。しかし、宝くじを購入したいから、株をやってみたいから、風俗に行きたいから、などといった理由ではいくら信用があっても貸す側としては、首を縦にふることはできません。基本的にはお金を貸す側の立場に立って考えることが大切です。