今すぐお金を借りたい方のおすすめ最強tips|【使える】お金を借りる13の方法

お金を借りるには、信頼できる金融機関ほど利用方法や利用条件が厳しくなっています。

それぞれの条件などはどのようになっているのでしょうか?

今回は、利用条件の有無や利用条件が無い場合、条件がある所とどこが違うのかご紹介します。

 

1.銀行でお金を借りる条件とは?

 

まず、銀行との取引実績が必要です。

例えば、給料が振り込まれているような銀行ならお金の流れが銀行側も判っているので借りやすいでしょう。

その上で、保証人を付けたり、審査に合格するのが条件になります。

ローン審査などは収入がいくらくらいあるかによって決まるので、源泉徴収票などを持っていくと話が早いでしょう。

 

2.消費者金融でお金を借りる条件とは?

 

消費者金融は、収入などがあればある程度までなら素早く貸してくれます。

近年は、主婦やアルバイトの方などでもお金を借りやすくなっているのです。

また、電話での勤務確認などが保険証やアルバイト証明書などを画像で送ることによって不要になっている場合もあります。

 

3.クレジットカードでお金を借りる条件とは?

 

クレジットカードを普段から使っていて、支払いが滞っていないような人ならキャッシングもできます。

クレジットカードの支払いをきちんとしていれば、キャッシング金額も上がっていくでしょう。

条件はクレジットカード利用者です。

手軽に使える分、利息が高いので気を付けましょう。

 

4.生命保険でお金を借りる条件とは?

 

もちろん、生命保険の契約者じゃないとお金を借りることはできません。

ただし、本人が病気で入院したなどで家族が本人の了承の元、手続きをすることはできます。

また、生命保険をかけてすぐにお金を借りることはできません。

ある程度、保険料を数年単位で納めていないと借りる事ができないのです。

生命保険で借りられる金額は上限が決まっていて、利息は1年前毎に組み込まれるので注意しましょう。

 

5.市役所でお金を借りる条件とは?

 

市役所で生活福祉資金貸付制度を使ってお金を借りられる人は、低所得者世帯や障害者世帯、高齢者世帯という条件があります。

それ以外の世帯にはお金を貸してくれません。

条件が合う方でも状況によっては失業保険をもらう事を勧められるばあいもあります。

例えば、低所得者世帯で子供が進学する為、お金が必要だという時に生活福祉資金貸付制度を利用する事ができます。

保証人がいれば、利息も無利子なので条件が合う人は利用する価値は高いです。

 

6.家族や知人からお金を借りる条件とは?

 

まず、家族や知人、友人との信頼関係が成り立っていないとお金を借りることはできないでしょう。

特に家族でも借りたお金を返さないような人には貸してくれなくなるのです。

家族や友達が困っていたら、お金を貸すくらいどうってことないという人もいます。

しかし、そんな気持ちを踏みにじってお金をズルズル返さないような事をすると信頼関係が壊れてしまうので注意しましょう。

家族や友人に迷惑をかけない為にも、借りたお金はできるだけ早く返した方が良いです。

 

7.郵便局でお金を借りる条件とは?

 

郵便局でお金を借りる条件は、ズバリ、預金などを持っているかどうかです。

定期預金や学資保険、預貯金を持っていれば、その金額次第で9割程度までお金を借りる事ができます。

例えば、定期預金が100万円あれば、90万円まで借りる事ができるでしょう。

定期預金や預貯金を担保として貸してくれます。

郵便局ではカードローンもありますが、こちらも郵便局の通帳があり、きちんと手続きをするという条件があるのです。

郵便局は、即融資ができませんので急ぎの時は他で借りた方が良いでしょう。

 

8.勤務先でお金を借りる条件とは?

 

勤務先でお金を借りる条件は、まず、きちんと働いていることです。

たまにしか来ないような社員に勤務先はお金を貸してくれません。

また、お金を借りても、きちんと払う能力がある人にしかお金は貸さないでしょう。

何十年の間に数回程度なら問題なく貸してもらえますが、しょっちゅうお金を借りるような人には、勤務先によって貸してくれなくなる場合もあります。

更に、給料や退職金に応じた金額しか貸してくれません。

給料が30万円なのに200万円貸してと言われても貸せないという会社が多いです。

退職金を担保にして借りる場合もある程度までしか貸せないでしょう。

 

9.警察でお金を借りる条件とは?

 

警察で公衆接遇弁償費制度を利用するとおかねを借りることができますが、条件としては次のようなものがあります。

 

・財布を落とした

・財布をスラれた

・定期券を無くした

・お金が無く家に帰れない

 

このような方は、公衆接遇弁償費制度を利用して警察などからお金を借りる事ができます。

例えば、ホームレスだからお金を借りたいとか、支払いが足りないからお金を借りたいという場合、公衆接遇弁償費制度は使えません。

 

10.個人間融資でお金を借りる条件とは?

 

ネットなどの個人間融資は、条件などは特にありません。

でも、条件が無い分、怪しいと考えてください。

闇金まがいの利息や取り立てをするのでどんな人でも個人間融資は利用できます。

 

11.闇金でお金を借りる条件とは?

 

闇金のお金を借りる条件はありません。

闇金は、ブラックリストに載っていてもお金を借りる事ができます。

どこもお金を貸してくれないような人が最終的にたどり着くのが闇金です。

元金の何倍も利息を払っても返済が終わらないので、絶対に手を出さない方が良いです。

 

12.車担保でお金を借りる条件とは?

 

車担保でお金を借りるには、車を所有していることが条件になります。

家族の車や知人の車ではなく、自分の車でないとだめです。

また、基本的に車のローンが終わっていることが条件になっています。

車のローンが終わっていないものは、銀行などローンを組んでいる所にも所有権があるので、車担保業者に所有権が移りません。

車担保を利用するなら、銀行のローンなどを終わらせておかなければなりません。

 

13.質屋でお金を借りる条件とは?

 

質屋でお金を借りる為には、必ず質草が必要です。

例えば、指輪や金のネックレス、ブランド物のバック、楽器、絵画や時計など価値が高そうなものなら何でも質草になります。

質屋は、金融業者ではない為、あくまで品物を預かりお金を貸すということが法律で決まっているのです。

質草として預けたものを担保としてお金を貸す為、質草の価値によって借りる金額も異なってくるでしょう。